車売却での予想金額はしばしば外れる

物を売却する時には、人々は予想をしている場合があります。もちろん車を売る時にも、売却金額を予想をしているケースがあるのです。そして、その予想金額とかけ離れている事例がしばしば見られます。

 

想像していたより安い査定額が提示されるパターン

 

予想と離れているケースには2通りあって、まず1通り目は思ったよりも安かったというケースですね。例えば自分では、この車は100万円で売れると予想をしていたとします。それでディーラー店などで車を見てもらうのですが、想像以上に助かったというクチコミがしばしば見られますね。100万円どころか60万円台だったという事例もありますし、中にはどのお店に行っても値段が付かなかったという口コミもあります。
つまり悪い方向での査定額が提示されている訳ですね。そのような時には、やはり人々は残念な気持ちになっている事が多いです。

 

予想よりも高く売れているパターン

 

 

もう1つですが、予想していたよりも遥かに高かったというケースです。例えば、ちょっとボロボロになってしまっている車があるとしましょう。見た目に難があるので、予想売却額は20万円だったとします。
ところが複数のお店でその車を見てもらったところ、50万円や60万円になったという事例もしばしば見られますね。上記の無料引き取りの事例とは逆で、良い意味で予想が外れてしまっているパターンです。
このように車の売り手の予想というのは、しばしば外れている事があるのですね。しかもそれは決して珍しくありません。口コミなどを見てみると、予想が外れている事例は想像以上に多い事が分かると思います。

そして後者のように、良い意味で予想外れになっているパターンは非常に多いです。ですので「この車は売れても安いだろう」と決めつけず、色々な業者で車を見てもらうのが良いと思います。